照明にLEDを選択するメリットはいくつもある!


消費電力が少なく済む照明

LEDは、電気エネルギーを効率的に光に変換させられる仕組みを持っています。蛍光灯や白熱電球のように、発光のために熱を必要としません。したがって熱に変わってしまうエネルギーの分だけ、消費電力を抑えられます。つまり電気料金が少なく済むというわけです。毎日のように使用する照明だと、他の種類とLEDでは、年間の電気料金に大きな差が出るでしょう。

寿命を迎えるまでの期間が非常に長い

照明は寿命を迎えると新しいものに交換しなければなりませんが、LEDはその寿命が非常に長いです。使用環境にも左右されますが、数年間交換しなくても問題ないことも珍しくはありません。場合によっては10年以上稼働し続けられることもあります。したがって新しいものを購入する費用がかかりにくい上に、大変になりがちな交換作業が少なく済みます。

耐久性を気にせずに扱いやすい

照明の中には付けたり消したりを繰り返すと、寿命が縮まるものもあります。けれどLEDはそのようなことがありません。さらにLED自体の耐久力も高めなので、デリケートだから気を使わなければならないということにはなりません。比較的自由に使いやすいという点もメリットです。

紫外線が出ず虫を寄せない

LED以外の照明は、可視光の中に紫外線も含まれています。そしてその紫外線は虫を呼び寄せやすいです。家の外から中に誘うこともあれば、照明にあつまってそのままシェード部分に残ってしまうこともあります。そうすると不快に感じることが多くなったり、シェードを掃除する頻度が増えたりするでしょう。その点LEDは虫を呼び寄せる紫外線を発しないので、虫によるトラブルが少なく済みます。

消費電力が少なくて省エネであることや、蛍光灯に比べて長寿命であることなどから、LEDライトパネルはメニューボードやフロアガイドなど、様々なところで使われています。